2020年07月31日

GearHead SDL 版を Linux Mint 18.3 32bit でコンパイルしました

5 年ぶり二度目. あのとき, 手順をメモしておかなかったおかげで, 5 年後の自分が苦労している. もう苦労したくないので, 今度は書いておきます.

参考ページ http://www.fenix.ne.jp/~G-HAL/scribble/gearhead/gearhead1.scribble#build

1. libiconv をインストール
https://www.kkaneko.jp/tools/ubuntu/gcc10.html の "libiconv のインストール" に書いてある通りにします.
以下はコピー.
$ cd /tmp
$ wget https://ftp.gnu.org/gnu/libiconv/libiconv-1.16.tar.gz
$ rm -rf libiconv-1.16
$ tar -xvzof libiconv-1.16.tar.gz
$ cd libiconv-1.16
$ mkdir build
$ cd build
$ ../configure --with-mpfr --with-gmp --prefix=/usr/local --enable-static --enable-shared
$ make -j2
$ sudo make install

2. /usr/local/lib/ 以下のライブラリが使えるようにする
http://weble.org/2011/12/20/ubuntu-ld-so-conf
を参考に作業します. 以下はほぼコピー.
私は vim を使いましたが, 他のエディタでも構いません.
$ sudo vim /etc/ld.so.conf
次の一行を追加.
include /usr/local/lib
設定を反映させる.
$ sudo ldconfig

3. SDL-ttf をインストール
$ sudo apt install libsdl-ttf2.0-dev

4. smpeg をインストール
$ sudo apt install libsmpeg-dev
他にもインストールする必要があるライブラリがあるはずですが,
私の環境ではすでにインストールされていたようです.

5. Free Pascal をインストール.
$ sudo apt install fpc-3.0.0

6. コンパイル
$ cd ~
$ wget https://sourceforge.net/projects/gearhead/files/gearhead/1.100/gh-1100-src.zip/download -O gh-1100-src.zip
$ wget http://www.fenix.ne.jp/~G-HAL/scribble/gearhead/GearHead1-I18N.data.jp.zip
$ wget http://www.fenix.ne.jp/~G-HAL/scribble/gearhead/GearHead1-I18N.image.zip
$ wget http://www.fenix.ne.jp/~G-HAL/scribble/gearhead/GearHead1-I18N.sound.zip
$ wget http://www.fenix.ne.jp/~G-HAL/scribble/gearhead/GearHead1-I18N.src.zip
$ unzip gh-1100-src.zip
$ mv GearHead GH1
$ unzip -d GH1 GearHead1-I18N.src.zip
$ unzip -o GearHead1-I18N.image.zip
$ unzip -o GearHead1-I18N.sound.zip
$ unzip -o GearHead1-I18N.data.jp.zip
$ cd GH1/build/xterm-boxdrawing
$ mv * ../../xterm-boxdrawing
$ cd ..
$ rm -r xterm-boxdrawing
$ mv * ../
$ rm -r build
$ /bin/sh ./build.sh sdl clean build nolibiconv_plug nolibc_iconv
$ mv build.sdl.Linux_athlon/gharena gharena
$ rm -r build.sdl.Linux_athlon

7. 環境変数を設定する
$HOME/.profile に環境変数 GEARHEAD_LANG を追加します.
下の一行は vim を使う場合.
$ vim ~/.profile
以下三行を追加します.

if [ -d "$HOME/GH1" ] ; then
    export GEARHEAD_LANG=ja_JP.UTF-8
fi

GEARHEAD_LANG の値については,
環境によって適切なものを選ぶ必要があるはずです.
以下のコマンドで設定を反映.
$ source ~/.profile

8. gharena.cfg
$ ./gharena
起動すると, ほとんどの文字が四角になっています.
一番下の項目で Enter を押して終了します.
起動したことで $HOME/.config/gharena/ に
gharena.cfg が作製されます.
GH1/gharena.cfg.jp_debianlinux を参考にフォントを変更します.
もう一度
$ ./gharena
と入力し起動すると, 文字化けは解消しているはずです.
linuxgh1title.png

これで完成です.

9. 次回以降の起動方法

$ cd ~
$ cd GH1
$ ./gharena
で起動できます.

posted by Takenoko at 20:59| Comment(0) | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。