2015年08月31日

壁のばし法で迷路生成してみた

maze_bl.png

maze_th.png

壁のばし法で迷路を生成するコードを書きました。伸ばす先が無くなるまで伸ばす方法と、その前に違う壁を伸ばす方法があるようですが、今回は前者の方法を使いました。以下は迷路生成部分のコードです。



今回は、コメントも書いて見ました。ここに載せていない GUI 部分には書いてませんが。乱数は XorShift を使っていますが、java 標準の乱数でもいいと思います。

maze150830.zip

実行ファイルとソースファイルが入っています。

15/09/02 追記 続きです。

posted by Takenoko at 08:26| Comment(0) | programming | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: