2014年04月03日

Wine 1.6 で、自作含め、いくつかのソフトを起動してみた

$ wine regedit で Wineでのフォント調整 - かえでのWebログ の reg ファイルをインポートしたり、2.2.1. ユーザインターフェース(UI)のフォント - まとめドキュメント - 試験運用中なLinux備忘録・別館 を読んでフォントを指定したり、DirectX を入れたりしてみました。

image/_photos_uncategorized_2014_04_03_w_sc_01.png

一部コマンドが表示されません。実行はできますが。フォントの指定を変えれば直るかも。動作は、コマンドを実行した後の反応が遅いような気がします。

image/_photos_uncategorized_2014_04_03_w_sc_02_2.png image/_photos_uncategorized_2014_04_03_w_sc_03_2.png

これらは問題無く動作しました。文字がずれるのは仕方なさそう。

image/_photos_uncategorized_2014_04_03_w_sc_04.png

ヨートン の動作は、タイトルバーのアイコンが表示されていない事以外は、違和感がありません。

image/_photos_uncategorized_2014_04_03_w_sc_05.png

TakoHG-R Hyper は、残念ながらまともに移動できませんでした。Win3.1 用は勝手に右に移動してしまうし、95 用はキーを押した後の反応が遅すぎて。

ラベル:Wine Linux
posted by Takenoko at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック