2014年03月31日

Linux Mint 13 Xfce のインストールに成功

無事、動きました。インストールの手順を書いておきます。色々なページを参考にしました。

まず、Releases - Linux Mint から VERSION か CODENAME を選び、EDITION を選択し、MIRROR から iso をダウンロード。私は Maya の Xfce (32-bit) にしました、軽いらしいので。800 MB あるので、空DVD か USB メモリが必要です。USB メモリの方が速いはずなので、USB メモリから起動してみて、駄目だったら DVD に切り替えるつもりでしたが、幸い、その必要はありませんでした。

UNetbootin - Homepage and Downloads から UNetbootin をダウンロードし、USB メモリを挿してから UNetbootin を起動。使い方は USBブートでLinuxをインストールする方法(UNetbootin) - Linuxと過ごす を参考にしました。

Boot の優先順位を、USB メモリが先になるように変更しておく必要があります。私の場合は既にそうなっていました。この操作は機種によって違うみたいです。作成した ブート起動 USB メモリを挿したまま再起動し、Linux Mint が無事起動しました。起動にかかった時間は 1分くらいで、かなり速いです。DVD だともっとかかるんでしょうね。

起動後は、Linux Mint 13 "Maya" のインストール を参考にインストールを進めました。

インストールの種類の項で、ハードディスクに XP が入っていたため、XP とのデュアルブートの選択肢がありましたが、一番下の選択肢を選び、自分でパーティションを分けることにしました。

OEM 版の XP 入り PC なので、ハードディスクの先頭 10 GB が再インストール用の領域になっていて、もう一つの領域に XP 、という構成。XP を残すのはセキュリティ的に問題があると思ったので、思い切って領域をふたつとも削除。その後のパーティション分けは、Ubuntu 12.04 インストール を参考にしました。

起動してから、インストールが完了するまでにかかった時間は 20 分から 30 分位だと思います。その後、再起動しました。

再起動後、右下の盾のようなアイコンが ! になっていて、アップデートが必要らしいので、アップデートすることにしましたが、インストールよりも時間がかかりました。後回しにすればよかった。

その後、左下の Menu からターミナルエミュレータを起動し、ダウンロード | Linux Mint Japan に書いてあるコマンドを実行して日本語化しました。

次は Wine を入れるつもりです。

posted by Takenoko at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Linux Mint 13 Xfce 導入成功おめでとうございます。

次はWineの導入ですが現状ではWine1.4がインストールされます。
現在の安定版はWine1.6なのでそちらを導入した方がいいと思います。

もし、冒険するのならWine1.7のテスト版もあるのでWine1.6で満足出来なければ最新の1.7にしてみてはいかがでしょうか。

手順はターミナルを立ち上げて下記をコピペでOKです。

sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-wine/ppa

sudo apt-get update

sudo apt-get install wine1.6

NET 2.0 などはwinetricks で導入できます。

詳しくはwine1.6やwinetricks で検索してみてください。
Posted by Ha夢 at 2014年04月01日 00:14
ありがとうございます。

まだ分からない事も多く、手探りですが、がんばります。
Posted by たけのこ at 2014年04月01日 23:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック