2013年01月31日

GearHead メモ5

Domino がさっぱり出てこないので、迷彩システムが手に入らない。

エクストロピアン無しでサイバーウェアを 8個埋め込んであるけど、稀にしかトラウマは発症しないし、能力値が一時的に少し減るだけだし、Ipshil ですぐに治せるので、問題なさそう。

<電子対抗システム>
パイロットが持っていても効果があるので、一つしかない C9 を使いまわすことができる。

ラベル:Roguelike GearHead
posted by Takenoko at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

GearHead SaveData Viewer さらに続き

GearHead SaveData Viewer を、名前、職業、メックで昇順、降順ソートできるようにして、能力値を上げた回数を表示して、職業名を日本語で表示するようにした。

image/_photos_uncategorized_2013_01_29_gh_takenoko2.png

能力値の右のカッコ内が、値を上げた回数。巡礼やルビーによる上昇は含まれない。

ソート方法は、このページ を参考にした。

14/02/15 追記 .NET 2.0 版 を作ったので、このページの zip は消去しました。

posted by Takenoko at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

GearHead SaveData Viewer 続き

記事のカテゴリを複数選択できることに今気づいた。後で過去記事のも変更したい。

前回 作ったツールで見られる情報を増やした。
image/_photos_uncategorized_2013_01_20_gh_britaine.png
SF1以上のキャラも見られるようにして、名前でソートして、性別、SF、Exp、所持金、性格、Talent を追加した。ペットの Exp が確認できるのは便利かもしれない。Talent は、プレイヤー以外には、盗賊と、場合によっては出てくる傭兵が持っている程度で、ほとんどのキャラが持っていないけど。

自作クラスのソート方法は、このページ が参考になった。こんなに簡単だとは思わなかった。

13/01/29 追記 さらに続いた ので、この記事のファイルのリンクは消した。

posted by Takenoko at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

GearHead SaveData Viewer

いまさらですが、このブログは GearHead のネタバレを全く考慮していません。本当にいまさらですね。


GearHead のセーブデータを開いて、キャラクターの情報を表示するツールを作った。こんな感じ。
image/_photos_uncategorized_2013_01_14_gh_takenoko.png
ゲーム内で見られるのは、プレイヤーと仲間だけのはずだが、これを使うと、ペット等、それ以外のキャラのステータスも見ることができる。
image/_photos_uncategorized_2013_01_14_gh_bonecracker.png
まあ、チートなんだろうけど。これを作ったのは、SnakeLakeアリーナで出てくる名前付き名乗りを上げるパイロット達のスキルを見てみたかったから。
image/_photos_uncategorized_2013_01_14_gh_esold.png image/_photos_uncategorized_2013_01_14_gh_sohowtek.png image/_photos_uncategorized_2013_01_14_gh_auscha.png
予想以上にひどかった。プレイヤーのスキルに比例するらしいが、10以上上回ってるスキルもあるし。こんなのが Gigas に乗ってくるとか。急所狙いは変化しないらしいのが救いか。

殺人クラブの生徒と、ギャングの抗争で出てくる市民。
image/_photos_uncategorized_2013_01_14_gh_ubualtiki.png image/_photos_uncategorized_2013_01_14_gh_oldubu.png
生成の時に、プレイヤーのスキルの平均を見るとか、そんな感じなんだろうか。

需要があるのかはわからないけど、使いたい場合は次の記事 から。

ソースファイルも入っているので、間違いの指摘などをいただけるとありがたいです。

13/01/20 追記 機能を追加したものを公開したので、古いファイルのリンクを消した。

14/11/19 追記 画像のURLを修正するついでに記事をほんの少しだけ修正した。

posted by Takenoko at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

AStarアルゴリズムをC#で

image/_photos_uncategorized_2013_01_09_astar001.png
A* Visualization を参考に、C# で A*アルゴリズムを書いてみた。参考というより、8方向にした以外、ほぼそのままな気もするけど。A*については検索すると色々でてくるが、リンク先のコードは、Flash は Hello World を書いた程度の経験しかない自分でも理解できるくらいわかりやすくて、本当に助かった。

ISearchable.cs
Node.cs

EightDirectionsAStar.cs


Node は他のプロジェクトから見える必要はないので internal にした。初めて使った気がする。

2013/01/13 少しだけコードを書き換えた。ISearchable のプロパティは、以前は通過可能時に true を返していたが、通過不能時に true を返すようにした。

2014/03/24 追記 続きのリンクを忘れていたので追加。

posted by Takenoko at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | programming | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

ダンジョン自動生成・続き

前回の記事 の続き。

NetHack のダンジョンのサイズと同じ、80×20だとこんな感じ。
80x20_00

通路の曲がり方をもう少し複雑にしたい。他にも、改善の余地は多い。

このプログラムをダウンロードできるようにした。前回省略した部分も含め、ソースファイルも同梱してある。
「MG130105.zip」をダウンロード
使用するには、.NET Framework 3.5 が必要です。

Mgexe
操作に関して説明する必要は無さそうに思うけど、それは作ったのが自分だからかもしれない。

posted by Takenoko at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | programming | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

ダンジョン自動生成

ローグライクゲーム用に書いたダンジョンを自動生成するコード。C#。ちょうど一年前に書いたと思う。プログラミングの教育を受けた事はないので、全体的に自信がない。コメントの書き方とか。変な部分があれば、教えていただけるとありがたいです。

Grid.cs

Room.cs

Division.cs

Map.cs

XorShift は省略。Random でも代用できるし。GUI部分も省略。

これでダンジョンを生成すると、こんな感じになる。Form の英語も自信がない。
image/_photos_uncategorized_2013_01_03_genedun1.png
マップのサイズが小さいければ、特に違和感はない。部屋を1x1にするとこうなる。
image/_photos_uncategorized_2013_01_03_genedun2.png
マップのサイズを150x150に。
image/_photos_uncategorized_2013_01_03_genedun3.png
極端に長い通路ができたり、かなり不自然になる。さらに300x300。
image/_photos_uncategorized_2013_01_03_genedun4.png
こんなローグライク、プレイしたくない。ついでに部屋を1x1に。
image/_photos_uncategorized_2013_01_03_genedun5.png
こんなダンジョンがあったら発狂しそう。

textarea タグでコードを貼り付けたけど、思った以上に見た目がよくない。なんとかしたいが、どうすればいいのかわからないので、わかったら直そうと思う。

続いた。

posted by Takenoko at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | programming | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タグテスト

しばらくログインしてなかったら、スパムがたくさん来てた。コメント公開を保留、にしといてよかった。

コードを貼り付けるには、<pre>タグというのを使えばいいらしい。ということで貼り付けてみる。

AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA

横スクロールバーが表示されない。仕方ないので、<textarea>を使ってみる。



見栄えが悪い。

<code>を<pre>で囲むといいらしいのでやってみた。

CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC

これも駄目。
もう<textarea>でいいや。

posted by Takenoko at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする